オンライン化された家への進化

AdobeStock_235633060

昨今の傾向として、ゼロカーボンハウス(CO2削減住宅)やスマートハウスといわれるオンライン化された家づくりが、徐々に始まってきています。 

2030年までに携帯通信においても5G(第五世代通信)となり、現在の4Gの100倍の速度と言われていますので、当然住宅においても活用されてきております。

玄関の鍵の確認や、インターホンの確認、エアコンのスイッチなど携帯電話でも可能になってきています。今現在、投資対効果は低いのですが、今後は車と家と人がオンラインでつながり今までの概念が変わってくる家となるでしょう。