ホーム > セイケンの家づくり > SWS工法

SWS工法(Super Warm Strong)

自然エネルギーであたたかい寒さと地震に強い家

「SWS工法」とはセイケンハウスオリジナルの家造りの工法です。
構造は、天然無垢材を使用した日本古来の木造在来工法を改良し、柱と柱に構造用合板で耐力壁を造ることで、柱と壁の両方で支える面工法を加えた、地震に強い新しい工法を取り入れています。
また、「逆ベタ基礎」「内部配管」「現場吹付け発泡ウレタン」の3つの寒冷地対策の組み合わせにより、冬季の水道管凍結、結露・カビ、シロアリの対策にもなります。
提案から施工まで、環境にやさしくあたたかい家づくりを通して、暮らす人のしあわせをお約束いたします。

逆ベタ基礎

家づくりの基礎には「ベタ基礎」と「逆ベタ基礎」の2種類があります。当社で採用しているのは後者です。「逆ベタ基礎」にするメリットは、地面と床の間に外気が入らないコンクリートスラブにすることで、外気の温度が下がっても床下が冷たくならず、家の中が暖かいままであることです。地熱が直接建物に伝わるので、自然エネルギーを使い、低コストですみます。
半永久的に水平・垂直、強度が損なわれないといわれており、地震にも強い工法です。
さらに、外気の湿気が床上に上がってくることがないので、湿気やカビ対策にも有効です。

「ベタ基礎」と「逆ベタ基礎」

基礎ができるまで

基礎が出来るまで
  • 基礎の外周に砕石・コンクリート土台を敷き、内側には砕石を敷き詰めます。
    砕石を敷き詰めた上面には調湿・害虫除去・消臭などの効果がある木炭を砕いて敷きます
  • 砕石・木炭を敷いた上に防湿シートを敷き、鉄筋を張ります。
    この時点で必要な水回り配管は基礎に埋め込まれています。
  • コンクリートを流し込みます。

内部配管

軽井沢のような寒冷地では、冬は水道の凍結防止対策が不可欠です。通常は面倒な凍結防止作業に加え、配管の周りに凍結防止帯を巻きつけなければならないので電気代がかさみます。

当社のSWS工法ならば、基礎の段階で内部配管を済ませ、給水・給湯機能を1畳程度のボイラー室に収めることができます。湿気や空気の寒暖の影響を受けない「逆ベタ基礎」と「内部配管」によって、水抜きをしなくても水道が凍りません。凍結防止帯を使わないので、もちろん電気代も節約できます。
また、「サヤ管ヘッダー方式」の採用により、均等な水の供給と保温、メンテナンスの簡易さを実現しています。

ボイラー室は収納スペースとしてご活用いただけます。
SWS工法は凍結しない事を保障するものではございません。

発泡ウレタン

SWS工法では「硬質発泡ウレタン」を断熱材として使用し、機密性の高い、高断熱住宅を提供いたします。
現場で吹き付けることで屋根裏など凹凸のある狭い隙間にも断熱が施され、より高い気密性が確保できます。
また、柱間にもウレタンを吹き込むことでクッションの役割を果たし、耐震性が増します。
さらに、硬質発泡ウレタンフォームは吸水性がほとんどありません。結露・カビの抑制効果が高く、家本来の耐久性を保ちます。

施工実績 一覧

別荘建築 一般住宅 リフォーム